治療費がかかる

うつ病の平均的な治療費

うつ病の種類の中で仮面うつ病は、頭痛やめまいなどの体の不調の症状が出ることが特徴です、仮面うつ病の治療は、精神科よりも心療内科を受診する方が適しています。心療内科を初診する時の平均的な費用は、薬代も含めると4500円から5000円程度になります。 若者に多い非定型うつ病は、精神科と心療内科のどちらの診療科目でも治療をすることができます。どちらの診療科目の治療費も、初診の場合は薬代込みで4500円から5000円程度です。 退行期うつ病は、初老の人が発病するケースが多いです。精神科でも心療内科でも治療をすることができますが、体が痺れたり、めまいなどの身体的な症状が出ている場合は、心療内科の方が適しています。治療費は他の種類のうつ病とほとんど変わらず、4500円から5000円程度が平均的な金額になります。

心の病気の症状の特徴

うつ病の症状には、精神的な症状と身体的な症状の2種類の症状があります。精神的な症状としては、不安感に苛まれたり、深い悲しみなどが主な症状になります。何もやる気が起こらなくなったり、集中することができなくなるといった症状が出る人もいます。 精神的な症状の中で最も深刻な症状は、自殺や自傷の衝動が起きる症状です。このような症状が出た場合には、一刻も早く精神科か心療内科を受診することが必要です。家族や友人にこのような症状が見られる場合には、病院に行くように説得することが必要です。 うつ病の種類における身体の症状には、寝付きが悪くなったり、食欲が落ちるといった症状があります。頭痛やめまい、身体の痛みなどの症状が出る場合もあります。