気を付ける点

症状はさまざまあります

うつ病患者は増加傾向があります。うつ病とは精神的な病気とされていますが、その症状は実にさまざまな種類があります。不安や気力、思考脳力の低下から、耳鳴りやめまい、息苦しさなど、心だけでなく体にもその状態が現れる場合があるのです。 生活環境や社会環境などがきっかけで症状が出ることもあり、症状が現れても最初のうちは気づかないことも多いようです。 うつ病の種類は様々です。主に3つの種類に分けられます。 仮面うつ病は頭痛やめまいといったからだの症状が心の症状よりも先に現れるもの。否定型うつ病は抑うつ症状が2週間以上出ているのに、何か良いことが起こるなどのきっかけがあると、症状がピタリと治まる状態のこと。退行期うつ病は老年期に差し掛かる頃に社会的立場や社会環境の変化によって発症してしまう症状のことを言います。

うつ病の人に対して気を付けておくべきこと

うつ病の人には周りの人が気をつけるべき点があります。まずはゆっくり休養できる環境を作ってあげることが大事です。十分に睡眠時間をとらせてあげることが必要です。うつ病の種類や個人差はありますが、うつ病は家族の人があせらず必ず治ることを信じてあげることも大事です。 また何もしないで横になっているだけですと怠けているとか遊んでいると思われがちですが、患者さんは病気だから何もできないということを回りの人たちが理解してあげることが大切です。 またうつ病の患者はがんばりたいのにがんばれない人や、がんばったけど誰にも認めてもらえない不安感を持った人が多いです。周りの人はむやみに励ましたりしかったりしないことが大事です。 まずは患者さんの話をじっくりと聞いてあげることを心がけるのが良いでしょう。