心にも現れる

うつ病には種類があるということをご存知でしたか?そしてそれらは原因も治療法も微妙に異なってくるものなんです。

身体にあらわれる症状

うつ病にはいくつかの種類があります。 一般的にうつ病と言うと心の問題、気分の浮き沈みなどうまく説明できない症状ばかりがうつ病のすべてではありません。 最近はうつ病についての理解が進み、患者さん本人や周囲の人が病状を自覚して治療にかかる事ができるようになってきました。 しかし身体に症状があらわれる種類のうつ病があることは残念ながらあまり知られていません。 心が目に見えないように身体に表れる症状も、本人でなければ感知できないものです。 自分自身の身体の事ですが、ちょっとした疲れや不調だと思い込んでしまって、病気の症状だとは気付くことができない事が多いのです。 誰でもわかる症状が見えないために「仮面うつ病」と言われています。

仮面うつ病の症状とは

「仮面うつ病」とは身体の症状に隠れたうつ病と言う意味だそうです。 良く知られた症状と異なるため、一見して気付きにくい種類のうつ病だからです。 症状の種類もたくさんあって特定が難しいようです。 たとえば頭痛やめまいが頻繁に起こったり、身体に痺れや痛みを感じたりします。 不調を感じて外科や内科などの一般的な病院を受診しても、特別な疾患は見つかりません。 問題は身体でなく心や脳にあるのですから当然のことですが、患者さんが自覚を持つことが難しいため、次々を病院を転々とすることになりかねません。 人体の研究が進んだ現代でも、うつ病は解明されている部分の少ない病気と言えます。 生活をしていく上でストレスは避けられないものですから、何か不安を感じたら柔軟な気持ちを持って原因を探ることができると良いと思います。

うつ病の治療薬には色々な種類があります

うつ病を治療するにあたって服用する抗うつ薬には、色々な種類があります。うつ病の症状は個人で違っているため、薬も症状に合わせた色々な種類が処方されます。 様々な薬に副作用があるのと同じように、うつ病の薬にも様々な種類の副作用があります。通常は、その副作用の状況や、うつ病の薬の効き目を見極める為に、短期間ずつ薬が処方され、小まめな診察が必要となります。抗うつ薬の効き目は、2か月程度飲み続けないとなかなか効果が見えにくいため、医師の指示のもと、気長に処方された薬を飲み続けることが重要です。抗うつ薬は、数種類の薬が処方されることがありますが、処方どおりに服薬しなければ、効果が見られないことがありますので、注意が必要です。

抗うつ薬を飲むにあたって

抗うつ薬を服用するにあたって、うつ病の症状が軽くなってきたなどで、自己判断で薬を減らしたり、服薬自体を止めてしまう人がいます。しかし、急に服薬を止めてしまうと、めまいや顔がしびれるなどの症状が出ることがあります。これは、中止後症状と呼ばれるものです。再び抗うつ薬を服用すると治まります。 中止後症状を起こさずに抗うつ薬を止めるには、薬の量を徐々に減らしていく方法がとられます。ただし、この薬を減らしていく量についても自己判断はせず、きちんと医師に相談し、医師の指導のもとで減らしていくことが重要です。うつ病の薬は、長く飲み続ける必要があり、服用を中止する際にも、徐々に薬を減らしていく時間がかかります。あまり重く考えず、気長に付き合っていくことが大切です。

自分がうつ病かどうか知っておこう

最近は、社会的ストレスを抱えている人が多くなってきていますが、社会的ストレスは社会人だから抱えるストレスというわけではなく、学校などのストレスなども含まれます。精神に負担が掛かり続けたり衝撃的な出来事などにより精神病を抱えることになる人がいま増えてきていまして、特に多い症状としてうつ病があります。 うつ病は、誰でも罹る可能性のある病気で、誰もが同じ症状になるというわけではない病気でもあります。様々な症状があり、身体への影響なども異なるため、うつ病の症状や種類を少しでも知っておくことにより、今後自分や知人などに異変が起きたときに怪しいと感じることも出来ますので、誰でも可能性のある病気なのでうつ病の種類などを知っておくようにするべきです。

最新ピックアップ情報

福祉に依頼をする

うつ病にはいくつか種類がありますが、それを改善するためには専門機関へ通う必要があります。現在は国の福祉施設でもうつ病相談を承っているので、相談することで問題解決へ導くことができます。

READ MORE

治療費がかかる

うつ病治療のために心療内科へ受診すると、一般的には初診や薬の処方で5000円程度かかるとされています。症状は人によって違うので、少しでも症状があるときはすぐに専門機関への受診が必要です。

READ MORE

症状の長期化

うつ病には数種類の症状がありますが、基本的には精神的な不安を取り除くことが大切です。長期治療になることが多いので、人によっては入院して治療のためのプログラムを決めていくこともあります。

READ MORE

種類の違い

一般的なうつ病には食欲不振や疲労感、不眠症などがありますが、他にも新しい症状として躁鬱病があります。この症状は一般的なうつ病の症状と反対の症状が出ます。他にもうつ病と躁鬱病の症状が出る双極性障害もあります。

READ MORE

気を付ける点

うつ病になると精神的な症状が多く出てしまいますが、うつ病患者と接する時はいくつかの注意点があります。まずはその人の身体のことを考えて休養出来る環境を作ることです。また患者の話に反論せずじっくり聞くことも大切です。

READ MORE